YOKONE 公式 販売店

睡眠と肥満の関係とは

睡眠と肥満の関係

睡眠をとるのは大事だというのはもちろん常識ですが、でもなんとなく「寝すぎると太る」というイメージがありますよね。やはり日中活動しているときの消費カロリーのほうが睡眠中のカロリーよりは確実に多いわけですから、逆に「寝ない方が痩せるんじゃないの?」という疑問も湧いてきます。

 

 

でも実は、睡眠不足になると肥満になってしまうリスクが高まるんです!これは、睡眠不足になることで「レプチン」というホルモンの分泌量が減少してしまうことに起因します。レプチンには脳の満腹中枢を刺激することで食欲を抑制する働きがあり、「痩せホルモン」とも呼ばれているのですが、実際に睡眠時間が減るほど血中レプチンの濃度は低くなるというデータが多数あるんですね。

 

 

 

 

そして怖いのが、逆に「グレリン」という食欲を増進させる働きのあるホルモンの分泌が増えてしまうということ。なので、睡眠不足に陥ると食欲がアップしてついつい食べ過ぎてしまい、その結果さらに、肥満になってしまうリスクが高まるというわけなのですね。また、起きている時間が長いとついつい間食してしまうということも肥満につながる理由です。痩せやすい体質になるためには、早寝早起きを心がけ、毎日規則正しい生活をすることが大事だと言えますね!健康にはもちろん、ダイエットにも+なので、きちんと睡眠がとれているか確認してみると良いでしょう。

 

 

次は、睡眠と身長の関係もみてみましょう。

 

 

寝る子は育つ!睡眠と身長の関係について

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、最近様々な研究により、睡眠の身長アップに対する働きというのがわかってきています。

 

 

身長アップのカギは、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」にあります。成長ホルモンには、タンパク質の合成を促進したり、骨の両端にある「骨端線」という軟骨組織の細胞分裂を促進することで成長を促すという、子供の成長にとって非常に大事な働きがあります。そしてこの成長ホルモンは、入眠後最初の2〜3時間で大量に分泌されています。ですから、睡眠時間を十分に確保するのはもちろんのこと、この時間帯にしっかりと深い睡眠をとるということが身長の伸びにつながるわけなのです。

 

 

 

 

質の良い睡眠のためには、遅い時間までテレビゲームや携帯ゲームなどで遊ばないということが大事です。スマホやパソコンなどの画面が発しているブルーライトは脳を覚醒させるはたらきがあるので、就寝前に行っていると寝つきが悪くなる、熟睡できない、中途覚醒してしまうなど眠りの質が悪くなってしまう恐れがあります。

 

 

ですから、就寝前には読書をしたり音楽を聴くなどしてゆったりと過ごすことで、副交感神経が優位になってリラックス状態になり、入眠しやすくなりますよ。

 

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る