YOKONE 公式 販売店

枕でリーズナブルに睡眠を改善

枕なら換えやすい?

忙しい現代社会、なかなか日々の生活リズムは変えられるものではありません。つまり、今以上の睡眠時間を確保することは簡単ではないということにもなります。そこで注目されるのが睡眠の「質」ですが、質を上げるのもまた一筋縄ではいかない部分があります。

 

 

眠るときに電気を消す、携帯やスマホを使わないといった基本的な点はともかく、一定のレベルからさらに上を求めるとなると結局、寝具や生活環境自体を見直すしかなく、そうなるとかなり多額の費用や手間がかかってしまうからです。特に、最先端のマットレスや敷き布団を追求するとなると相当高額な出費を見込まなくてはなりません。もし失敗した時のリスクも大きく、家でのスペース確保やゴミになった際の面倒もあります。

 

 

 

 

しかし、そうした寝具の中でも「枕」ならかなり費用を抑えて質を高めていくことができます。

 

 

「枕が変わると眠れない」といった言葉があるように、枕のレベルが睡眠に与える影響は非常に大きく、一方で他の寝具は使い慣れているものなわけですから、眠りの質が落ちてしまうこともありません。後は材質や高さなどを吟味して、自分に合ったものをチョイスすれば良く、元の値段も安いですので買い替えも簡単です。眠りの質を高めたいと考えるのなら、まず枕からと考えるのが良いでしょう。

 

 

横向き寝が健康?

寝る時に健康的な寝方というのがあります。それは横向きになって寝る事です。それはどうしてかというと、横向きになって寝る事で、太っている人も寝ている時に気道が塞がってしまって呼吸がしにくいという事がないからです。逆に仰向けになって寝るのが当たり前になっている人は、それだけでかなり健康を害してしまう事になります。

 

 

太っているという人は首にかなり脂肪が付いているので、仰向けになって寝るのは危険です。そういう人は仰向けになって寝ている間に十分な呼吸ができなくて、無呼吸症候群になってしまって体にかなり悪影響が出てきます。

 

 

 

 

それが、単に睡眠の質を落とすだけの事ならまだ良いですが、これによって重大な病気になる事もあります。ですから、太っているという人は仰向けになって寝るのはやめて、横向きになって寝る事をおすすめします。そうすれば、太っている人が寝ている時に無呼吸になってしまって体に深刻な病気が発生してしまう事もなくなるので、今からでも横向きになって寝る癖をつけた方が良いでしょう。その際に寝にくい場合は、枕を換えてYOKONEにしてみるのも検討してみても良いでしょう。

 

 

 

いびき、無呼吸対策! YOKONEの公式販売店はココ! 戻る